保育施設運営 / 障がい者支援施設運営 / WEBソリューション事業 / 海外進出支援 / 人材派遣・紹介業 / 輸入EC販売

助成金・補助金活用支援

助成金と補助金の違い

「助成金」とは

助成金とは、厚生労働省が取り扱う国の支援金です。条件を満たしていれば、どんな会社でも個人事業主でも受け取れることが可能です。返済の義務もありません。新規雇用や従業員のスキルアップ、職場環境の改善に取り組む会社に支援金として用意されています。

助成金

労働環境
改善

のサポート

厚生労働省の所轄

正社員や有期雇用社員等の雇用・労働環境改善の際に、所定の金額を支給してくれる

受付時間 毎年いつでも
※予算を満たしたら終了
受給可否 要件を満たせば受給可能

「補助金」とは

補助金とは、経済産業省が取り扱う国の支援金です。開発やIT導入など、新たな取り組みに対して一定の割合で受け取ることが可能です。選考や一定の条件はありますが、事業拡大の時に大きく役に立ちます。仕事の効率化、事業拡大に取り組む会社に支援金として用意されています。

補助金

事業拡大
のサポート

経済産業省の所轄

海外展開や設備投資、販路開拓等の事業拡大の際に、一部を支給してくれる

受付時間 決まった時期に応募
受給可否 採択制

助成金の受給条件

  1. 有期雇用社員or正社員を1名以上雇用している
  2. 雇用保険・労災保険を払っている
  3. 会社都合の解雇6ヶ月以内にしていない
  4. 残業代未払い等、労働関係法令の違反をしていない
  5. 中小零細企業であること ※個人事業主も対象です

主な助成金・補助金情報

労働環境改善 主な「助成金」

キャリアアップ助成金

支給額

57万円

有期雇用社員の処遇改善のための助成金。
様々なコースが用意されており、使い勝手の良い助成金で1人あたりに対して助成金が支給されます。

人材開発支援助成金

支給額

30万円

社員教育のための助成金。
様々なコースが用意されており、有期雇用社員・正社員の研修などに対して助成金が支給されます。

働き方改革支援コース(2019年4月1日創設)

支給額

60万円

新規採用のための助成金。
働き方改革における長時間労働抑制のために、人員増加した場合に助成金が支給されます。最大10人まで(最大600万円)申請が可能で、短時間労働者の採用時にも活用できます。(短時間労働者は40万円)

勤務間インターバル導入コース

支給額

最大100
万円

勤務間インターバルを導入するための助成金。
長時間労働抑制と適正な時間管理のために取り組んだ内容に対して助成金が支給されます。国としてもインターバル導入を推奨しており、今後も注目される助成金です。

事業拡大 主な「補助金」

IT導入補助金

支給額

40〜450
万円

システムなどのITツール導入にかかる費用の一部を支援してくれる補助金。

軽減税率対策補助金

支給額

最大200
万円

軽減税率制度に対応したレジ導入にかかる費用の一部を支援してくれる補助金。2019年10月1日から軽減税率制度が施行予定のため、補助金がある間に申請することをお勧めします。

小規模事業者持続化補助金

支給額

最大100
万円

HPや広告費、内装費などにかかる費用の一部を支援してくれる補助金。小規模事業者が事業を拡大するためにかかる費用を支援してくれます。対象となる費用も多岐にわたります。

ものづくり補助金

新たな商品開発やAI技術開発などにかかる費用の一部を支援してくれる補助金。

受給までの流れ

受給までの流れ
受給までの流れ

サービス / 事業内容

「サービス / 事業内容」へ戻る

top

INFORMATIONSEIWA GLOBALからのお知らせ

RECRUIT
採用情報