BLOG
ブログ

WEB集客するための7つの対策手法


インターネット時代において、WEB集客は重要な部分です。
これからWEB集客に力を入れていきたいため、「ホームページを作った」とか「SNSに登録した」方も多いと思います。
ただ、どうやって見てもえるようにしたらいいのか分からないという声をよくお聞きします。

 

この記事では、「ホームページを見てもらうにはどうしたら良いのか」という視点から、7つの手法をお伝えします。

 

これからWEB集客をしていきたいという方は
参考記事:【WEB集客する時に知っておきたい4つのこと】

WEB集客をした方が良いのか分からない方は
参考記事:【個人事業主・中小零細企業がホームページを持った方が良い3つの理由】

 

ホームページを見てもらうためには

インターネット時代において、ホームページは重要な役割を果たします。

ただ、ホームページは作るだけでは意味がありません。

 

「見てもらう」ための対策が一番大切です。

 

ターゲットユーザーに見てもらって、初めてWEBの広告としてのツールになります。

 

そこで見てもらうための代表的な対策手法が下記になります。

  • SEO
  • コンテンツ
  • ランディングページ
  • 資料請求
  • 動画広告
  • リスティング広告
  • ソーシャルメディア

 

それでは、1つずつ見ていきましょう。

 

 

SEO

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化とも言われます。

噛み砕いて表現する自分のホームページが関連するキーワードで検索上位に出てくるように対策するということです。

SEO対策と言えば、

  • 内部SEO
  • 外部SEO

です。

 

内部SEO


内部SEOとはホームページの構造とグーグルから評価されるコードの書き方をすることです。

グーグルにはWEB上を巡回しているクローラーというものがあります。

 

このクローラーが巡回しやすいホームページの構造とコードで作るとグーグルから良いホームページだと認識されて検索順位に影響を与えます。

 

XMLマップイメージ
また、ホームページを作ったばかりの場合はクローラーが巡回に来るまで、時間がかかります

 

せっかく作ったホームページやブログがグーグルにインデックスされていないと検索されても、検索結果に表示されないことがあります。

 

その対策としてホームページのXMLサイトマップをこちらからグーグルに送信することで、巡回までの時間を短縮できますので、XMLサイトマップの送信はしておきましょう。

 

ただ、注意点として現在のグーグルの良いサイトとする評価基準に、「ユーザーに役に立つサイト」がありますので、コンテンツがしっかりとしたものであることが大前提です。

 

 

外部SEO


外部SEOとはホームページにリンクを貼る、または他のサイトにリンクされることです。

こちらはリンクの数が多ければ、リンクされるということは良いホームページだと判断されて検索順位に影響を与えます。

 

ただ、注意点があります

 

こちらは以前、リンクの数を増やせば検索順位が上がるという仕組みから、数多くのSEO対策専門業者がやっていた手法です。

リンクを貼るだけなので作業量を増やせば自然と順位が上がりました。

 

つまり、ユーザーに役に立つホームページも悪影響を与えるホームページも関係なく検索順位を上げることができました。

 

 

ただ、グーグルには「ユーザーに役に立つサイト」という評価基準がありますので、現在では闇雲にリンクを増やしても順位は上がりません

 

 

逆に高確率で順位が大幅に下がります。

なので、闇雲にリンクを貼るような対策はやめましょう

 

*SEO対策を業者に頼む時は、どのような対策で順位を上げてくれるのか確認しましょう。

 

 

しかし、外部SEOも今も有効な手法の一つです。

では、どのような手法が有効か。

 

  • コンテンツが良いサイトのリンクをユーザーにやくに立つような形で貼る
  • コンテンツが充実した評価の高いホームページに自分のホームページのリンクを貼ってもらう
  • リンク先のホームページが切れていない
  • アフィリエイト目的のホームページのリンクがない
  • ペナルティーを受けているホームページのリンクがない

 

つまり、評価が高いホームページで良いコンテンツを持っているサイト同士でリンクをしましょうということです。

 

 

ユーザーに役に立つコンテンツを用意すれば、自然とリンクもアクセスも増えて来るので、外部SEOは最初から全力でする必要はないので、時間を

かけて質の高い対策をしましょう。

 

 

コンテンツ

コンテンツもSEO対策の一つになります。

今回あえて分けたのが、コンテンツSEOは今からホームページを制作してWEB集客していくのに有効な手法だからです。

 

グーグルには評価基準に「ユーザーに役に立つホームページ」がありますが、その「役に立つ」情報を提供して高評価してもらうということです。

 

コンテンツSEOは作る際の時間と一定以上の知識が必要になりますが、良いこともあります。

 

  • ホームページのページ数が増える
  • 定期的な更新で生きてるホームページになる
  • 様々なキーワードに対策をかけることができる
  • ホームページへの入り口の数が増える

 

特に、SEO対策というと一つの言葉に対して月額○万円という印象があるかと思いますが、コンテンツSEOでは、あらゆる検索キーワードに対策をかけることが可能です。

 

時間と知識が必要にはなりますが、コンテンツSEOはおすすめです。

 

 

ランディングページ

ランディングページとは、そのページ一つで訪問者に行動してもらい所まで導くためのページです。

 

縦に長くスクロールして読んでいくタイプのページですね。

ランディングページは顧客属性がはっきりと決まっている場合に有効です。

 

ランディングページの目的によって多少の違いはありますが、ランディングページは基本的に一つの情報に対して濃い内容で訪問者へ訴えることなります。

 

また、キーワード検索で訪問した場合、目的行動達成率が高くなります。

 

例えば、「起業 スタート コツ」というキーワードを意識した内容のランディングページを用意して、目的を資料ダウンロードにします。

 

「起業 スタート コツ」と検索して訪問した場合、検索の時点で目的がはっきりしているため、充実した内容とストーリーがあれば、当然資料も

気になってダウンロードしてくれやすくなるのです。

 

もちろんこの目的行動達成を

  • 自社ホームページにきてもらう
  • 資料をダウンロードしてもらう
  • その場で商品を購入してもらう
  • セミナーなどに申し込みをしてもらう
  • システムの無料版の申し込みをしてもらう

などにすることも可能です。

 

目的達成を設定したらどのような人に見てもらいたいのかを考えた上で、構成は考えていきましょう。

 

 

資料請求

資料請求がされた時点で高確率で見込み客となります。

商品・サービスに興味があり、検討中または比較中の状態の確率が高いからです。

 

こちらから何かを仕掛けて必要だと気づいてもらうのではなく、自らが必要だと考えて行動しているパターンが多い状態です。

LP申し込みフォームからの流れ

本来であれば、この資料請求から見込みリストを作成して営業していくのも理想的な形です。

 

資料請求に至るまでが、仕掛けだったり見つけてもらうための対策は必要ですが、商品やサービスの説明、簡単な資料は作成して、いつでもお問い

合わせに応える準備はしておきましょう。

 

 

動画広告

Youtube動画に投稿したりホームページやブログに埋め込む広告です。

最近ではYoutuberと言われる動画広告だけで稼いでいる方も多く存在するほど、メジャーになりつつある集客手法です。

これはBtoBよりBtoCに向いています。

 

また直接動画を配信する方法と広告枠として動画を流す方法があります。

基本的にBtoCで創業して間もない時は、意識しなくても良いでしょう。

あくまで、商品やサービスに興味を持ってもらう契機にして、ホームページに来てもらう形で利用するようにしましょう。

 

 

ただ、商品やサービスが有形の場合は、プロモーション動画を作ってホームページ上に設置しておくと良いでしょう。

その時は、商品やサービスの説明はもちろん、その商品やサービスで実現した時の理想の絵を動画にすることをオススメします。

プロモーション動画は商品やサービスの説明書ではありません。

例えばアイフォンのプロモーション動画では、アイフォンがあるとこんな便利で楽しい生活が実現できるという形になっていますよね。

そして、その動画を見て便利で楽しい生活を望む人がアイフォンのサイトに行くという仕組みです。

なので、高品質な動画を作るには人やお金、機材や時間がかかりますが、できるのであれば制作しても良いでしょう。

 

 

リスティング広告

リスティング広告とはユーザーが検索したキーワードに連動して表示できる広告です。

 

キーワード単位で広告を出すことができるので、ホームページやブログに訪問者が満足できるコンテンツを用意しておけば、かなり効果的です。

 

また、ある程度のお金を出せば内容に関係なく表示させることも可能です。

 

内部SEO、外部 SEOやコンテンツSEOは時間と知識が必要ですが、今すぐに効果を見たいという時に手軽に始めることができます。

 

始めるにあたって低価格でも始めることも可能で、クリック課金制もあるので、一度試してみることをお勧めします。

 

 

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアは、無料で始めることができる上に利用者数が多いので登録しない理由はないでしょう。

ただ、自社の商品・サービスに合わせた形のSNSを使用することをオススメします。

 

SNSは2つ活用するのと3つ以上活用した場合の差はほとんどないといわれています。

なので、日本であればFaceBook、Twitter、Instagram、LINEを活用すれば十分です。

各SNSの活用表です。

 

SNS活用表

 

BtoBなのかBtoCなのかで上手に活用できるできないがありますので、SNSを始める際は自分の商品・サービスの対象が誰なのかをしっかり考えて運用していきましょう。

 

 

いかがでしょうか。
WEB集客を始めるにも様々な手法があり、何をしたら良いのかわからないかもしれません。
今一度、自分の商品・サービスは誰のために役に立てるのかを考え直して、ターゲットを明確にした上でできる対策手法から順番に試して見てください。

ぜひ今後のWEB集客の参考にしていただき今後に活かしていただければ幸いです。

 

 

 

開業したて、WEB運用の予算を増やしたいなど、補助金・助成金も活用できます。
上手に活用してランニングコストを抑えることも可能です。