BLOG
ブログ

ホームページ制作をする前に決めておいた方が良い4つのこと


ホームページ(以下:HP)を制作事業者に丸投げする時代は終わりました
HPの制作は発注側と受注側がお互いに協力しあって進行させていかなければ、
運用面もデザイン面も満足のいく結果が出にくくなりました。

 

この記事では、これからHPを制作する前に決めておいた方が良いことをお伝えします。
これからHPを制作する方は是非参考にしてください。

 

運用カテゴリはどうするか

HPをどのような形にするかを決めなければ、何も始まりません

 

    • 会社HP
    • ショッピングサイト(EC)
    • ランディングページ
    • ポータルサイト
    • コンテンツサイト
    • ブログサイト

etc…

代表的な一例ですが結構なカテゴリがありますね。

 

それぞれが全く違う形のHPになります。
デザインも違えばページ数も違いますし、中身の部分(プログラムやコード)も違います。

 

例えば、会社HPであれば、基本構成は左図が代表的な形です。

ショッピングサイトであれば、基本構成は右図が代表的な形です。

 

構成の違い

 

どのような形にするかでHPの構成もページ数も大幅に変わります。
当然、ページ数が多くて構成が複雑になれば、値段も上がります

 

 

これはHPを作る時に必要な費用が人件費を占めているためです。

ページ数が多ければ、制作の作業量が増えるので当たり前のことですよね。

ここをあまり理解していない方が多いのでご注意ください。

 

ただ、まずは何のホームページを作るのか、その運用カテゴリは何なのかを決めることで、将来のビジョンが出てきますので、発注業者とのヒアリングも上手くできます。

 

自分が何をするためにHPを公開するのかを考えた上で、カテゴリと簡単な構成は決めておきましょう。

 

 

HPに来た人にしてほしいこと

HPを作る目的はほとんどの人が「WEB集客をしたい」からだと思います。

 

そこで、WEB集客の先の「来た人にどうしてほしいのか」がとても重要になります。

 

なぜならWEB集客をして来た人がHP上でどこまでしてくれたかという一つの分析指標になるからです。
このゴールを決めておくことで、製作時の余分な作業や工程が省けるのでコスト削減になることもあります。
さらに、運用していく中でどのようにしてWEB上の広告として確立させていくかでも大きく関わります。

 

例えば

  • 自社の商品の認知
  • 商品について資料をダウンロード
  • 問い合わせ
  • 予約
  • 購入
  • 共有
    etc…

 

上記のように、HPで最終的にとってほしいゴールを決めておきます。

 

ステップ

 

このようにゴールを自分の中で決めておくと、ある程度の無駄が省けます

 

 

また、ゴールに向かっていくような仕組みで制作をしていく必要があります。
形だけ作っただけでは宝の持ち腐れになります

 

ゴールまでのステップが多いとHPに来ても訪問者は面倒に思ってしまい、ゴールに達成する前に離脱する確率が大幅に上がります。

 

逆にステップが少なければ少ないほど、訪問者もアクションを起こしやすくなります。

 

仕組みを考えておくことで、ゴールに辿りつきやすくなり広告としてのHPが確立したと言えるでしょう。

 

なので、広告を打ち出す以上はゴールをしっかりと決めておかなければなりません

 

 

運用の仕方を決めておくこと

HPのカテゴリとゴールを決めたら、どのように運用していくかを決めておきましょう。
ここも結構重要な部分です。

 

まずは代表的な運用事例をご紹介します。

 

運用の種類

 

このような運用の仕方がありますが、あらかじめ運用面を決めておくことで、
中途半端な運用にならないようにするためです。

 

例えば、初めは更新を頑張っていたけど、1年以上更新がされていない。。。

 

 

このようなHPを見た方ほとんどの方が
「この会社大丈夫か?」や「倒産してないか?」などマイナスのイメージを持ちやすくなります

 

 

それなら重要なお知らせ以外は、逆に何も更新せずに会社のHPとして公開している方が断然マシだと言えます。

 

 

また、短期的な戦略でHP運用をお考えの方も多くいらっしゃいますが、ほとんどが中長期的な運用じゃないと大きな効果は出にくいと覚えておきましょう。

 

HPが大事だ、時代に合わせて作ろうという考えはもちろん素晴らしいく正しいのですが、作った先をしっかりと見据えて行動していく必要がありますのでご注意ください。

 

 

どのような業者に発注するか

どの業者に発注するか、を失敗するとお金だけが飛んでいきますので、ご注意ください
今や星の数ほどHPの制作業者は存在していると行っても過言ではありません。
フリーランスとしての個人も含めるとすごい数の事業者がいます。

 

 

その中で、選ぶときに最初に気をつけるべき点をお伝えします。

1.予算は決めておく
2.どのような業種の制作が得意か
3.ヒアリングをしてくれるのか
4.デザインをしてくれるか
5.即決で決める必要があるのか

 

 

1.予算を決めておく


予算は決めておく必要があるのは、HP制作は人件費が大部分を占めているので、上限なく様々な要求をすると値段も上限なく上がっていきます

 

ただ、とても安い事業者も存在します。

 

弊社では安すぎるところはおすすめしていません

 

全てが当てはまるわけではありませんが、極端に安い場合は安いなりの理由があります。
特に、制作経験が少なすぎたり、ただ形にするだけの場合だと、作ったその先の運用に失敗してしまいます。
下図は値段別にまとめた表になるので、参考にして見てください。
値段別

 

 

2.どのような業種の制作が得意か


制作も指揮もするのは人間なので、どうしても得意なカテゴリやデザインなどが出てきてしまいます。
できれば、様々な職種、カテゴリが作れる事業者に頼むと無難です。

 

 

しかし、細部までこだわり抜きたい場合は、そのジャンルに特化した制作業者を探すか、イメージのフィーリングが合う担当者がいる事業者に頼みましょう。

 

 

3.ヒアリングをしてくれるのか


発注する時に最も大事な部分です。
どうのようにしてWEB集客を展開していくのかを伝えて、それを補う形で成功への道筋を提案してくれるヒアリングの時間が必要不可欠です。
お付き合いしていく中で双方のズレをなくすために初めは時間を作ってヒアリングをしましょう。

 

さて、今のWEB制作会社はほとんどがヒアリングをしてくれますが、下記の場合は注意が必要です。

・自社のWEB商品の話ばかりしてくる【パッケージ商品】
・ 購入を決めてからじゃないとヒアリンングをしてくれない

 

 

今では少なくなりましたが、HPの中身がパッケージ商品の場合、機能面やデザインの部分、仕組み作りの部分に制約されるところが出てくる可能性が非常に高くなります。
たまにパッケージ商品を超高額で販売している営業会社も存在しますので、ご注意ください。

 

 

4.デザインをしてくれるか


HP制作会社とWEB制作会社は若干違います。

それぞれの違いは以下になります。
制作会社違い

 

つまり、一貫して一から10までしてくれるのがWEB制作会社です。
HP制作会社はデザインの素材画像の持ち込みやHPのレイアウトの提出などをお願いされる場合があります。
この部分が駄目な点というわけではありません。
もし、自分の気に入った画像や入れたい文言がある場合はHP制作会社の方がこちらも指揮ができます。
逆にイメージを伝える以外のことが面倒だと感じる方は、一貫して1から10までしてもらうWEB制作会社に任せた方がいいでしょう。
特にWEB制作会社はSEO対策やSNSを活用したWEB集客を得意とするところが多いです。

 

 

5.即決で決める必要があるのか


HP制作事業者は数えきれないぐらい存在します。
そのため競合に負けないためにも即決を迫る事業者も存在します。
たまにかなりしつこく迫り、買うまで帰らないような営業会社も存在します。

 

なので、母数が多いので当たり外れがあるのも事実です。

 

問い合わせる場合は必ず採決の時期に余裕を持っていいかは聞いておくと良いかもしれません。

 

 

 

 

いかがでしょうか。
今回はHP制作をする前に決めた方が良いことをお伝えしました。
ネット時代なので、HPは重要ですが、制作する前に考えるべきところはきちんと考えて制作をしましょう。

 

ご不明点やご質問があれば、お気軽にご相談ください。
是非、HPでWEB集客する前のご参考にしてください。

 

弊社では助成金・補助金を活用してコスト削減もしています。
その削減された部分からHP制作費やランニングコストに当てて
余裕のあるWEB制作、運用、活用が可能です。